交通事故・相続・企業の法律相談。神奈川県弁護士会所属 弁護士法人前島綜合法律事務所

弁護士紹介

所長 弁護士 前島 憲司

前島先生.JPG

 経歴
 1966年(S41) 東京都に生まれる
 1985年(S60) 世田谷学園高等学校卒業
 1989年(H01) 日本大学 法学部卒業
 1989年(H01) 裁判所職員として勤務
 東京地方裁判所(本庁、八王子支部) (刑事訟廷業務などを担当、配属中
 最高裁判所裁判所書記官研修所で裁判所の裁判実務について1年間研修)
 横浜地方裁判所(本庁、小田原支部)(民事事件担当)
 東京家庭裁判所(遺産分割、甲類審判(成年後見、氏・名の変更、
 相続放棄、限定承認など)担当)で、裁判所書記官として勤務 


 2002年(H14) 最高裁判所 司法研修所入所(第56期)
 2003年(H15) 神奈川県弁護士会(旧:横浜弁護士会)登録 1年間小田原市内の法律事務所で勤務
 2004年(H16)~現在 前島綜合法律事務所を設立
 2009年(H21)~2010年(H22) 青山学院大学非常勤講師 「地域社会と法」について講義

○講演
 平成16年 小田原市市民法律セミナーで多重債務について講演
 平成17年 厚木市市民法律講座で多重債務について講演

○所属団体
 横浜弁護士会常議議員(H19 ~H20)
 横浜弁護士会県西支部幹事・副支部長(H22~H24)
 横浜弁護士会就業問題対策委員会委員(H22~H24)
 厚木市役所法律相談担当(H17~現在)
 愛川町情報公開審査委員(H23~現在)

○メッセージ
所長の前島です。
これまで弁護士に相談するのは最後の手段という意識があったと思います。
これは、弁護士の敷居が高いということと、どれくらいお金がかかるか心配だとか、色々な理由があったとおもいます。
ただ、法律相談などに来た方の話しを聞くと、怪我にたとえれば、既に複雑骨折していて、骨を組みなおすのに大変な労力を費やすケースとか、もう治しようもないケース、治ったとしても後遺症が残ってしまうケースが多くあります。
これらは、早く弁護士のところへ来てくれれば良かったのにと思うことがあります。
わかりやすい説明と、手ごろな料金で相談できるような体制を作りたいと思っています。


弁護士 髙橋 俊太(たかはし しゅんた)

髙橋先生.JPG

経歴
 1977年(S52):東京都世田谷区に生まれる
 2000年(H12)
青山学院大学
           国際政治経済学部国際政治学科卒業
 2009年(H21)
中央大学大学院法務研究科修了
 2010年(H22)
最高裁判所 司法研修所入所(新第64期)
 2011年(H23)
神奈川県弁護士会(旧:横浜弁護士会)登録

○メッセージ
  皆様,こんにちは。弁護士の髙橋と申します。例年,民事事件(各種一般民事事件,交通事故事件,労働事件等の交渉・調停・訴訟),家事事件(協議離婚交渉・調停・訴訟,子の引渡し審判,遺産分割協議,遺留分減殺請求交渉等),破産関連事件(申立代理業務,破産管財業務等)を中心に,個人事件について広い範囲で業務を行っております。昨年は,合計約100件の案件に担当弁護士として携わり,数多くの事案の解決に成功しましたが,特に,被告として訴訟提起されてしまった方々について,悉く勝訴判決を獲得することができ,原告側で勝訴するのとはまた異なるやりがいを感じました。今後も,様々な法分野の理論と法実務の実際を見据えて自己研鑽をしながら,弁護士としての実務感覚を弛まず洗練させ,法的サービスの質的向上に努めて参ります。
 弁護士は魔法使いではないので,不可能を可能にすることは到底不可能であると正直に言わなければなりませんが,勝って然るべきケースでは利益をできる限り大きくし,負けざるを得ないケースでは不利益をできる限り小さくできるように意識して日頃の業務にあたっております。「“利益”とは何か。」という難問については措いておくとしても,弁護士を利用して紛争解決をするためには,弁護士と依頼人との間に協力的な関係が築かれることがとても重要となります。望ましい協力関係があることを前提に,依頼人の個性・希望等に応じて適宜の配慮をしながら,予想される展開等を見据え,理論的観点及び実際的観点から妥当と想定される戦略(設計図)を練りますので,紛争解決への道を一緒に歩んでいきましょう。そもそも法的解決になじむ問題情況であるかどうかという点も含め,初期段階からしっかりと話し合うことが大変重要です。理性,感性及びそれらを繋ぐ想像力を大事にしたいと思います。まずは,お気軽にご相談ください。

○講演等 
平成24年11月   厚木市市民法律講座において「相続(遺産分割)」について講演 
平成26年11月   厚木市市民法律講座において「消費者法」について講演 
平成24年12月~ 横浜弁護士会会県西支部総会懇親会ほかにてピアノ演奏 
【演奏曲】 ■ハチャトゥリアン=シフラ編:剣の舞 ■リスト=ホロヴィッツ編:ハンガリー狂詩曲第15番 “ラコッツィ行進曲” ■チャイコフスキー=フェインベルグ編:交響曲第6番「悲愴」より第3楽章 ■スーザ=ホロヴィッツ編:星条旗よ永遠なれ ■ビゼー=ホロヴィッツ編:「カルメン」の主題による変奏曲 ■アルカン:ピアノ独奏のための協奏曲第3楽章(短調による12の練習曲第10曲) ■ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」より第2楽章 ■チリー・ゴンザレス:24の練習曲集 ほか

○所属委員会等 
横浜弁護士会 民事裁判手続運用委員会(民事執行保全懇談会部会,若手民裁懇部会)
横浜弁護士会 県西支部研修委員会

○趣味,最近の関心事 
・ピアノ演奏,音源蒐集(同曲異演),楽譜蒐集 
・読書(特に構造主義以降のフランス,ドイツの哲学思想関連の書物,クラシック音楽関連の書物) 
・批評理論(文学理論)とピアノ演奏の再現芸術性,ピアノ編曲作品の原曲との対照性 
・竹田青嗣,柄谷行人,岩井克人等の思想とその変遷


弁護士 夏目 修司(なつめ しゅうじ)

夏目先生.JPG

経歴
 1982年(S57):神奈川県大和市に生まれる
 2001年(H13):法政大学第二高等学校卒業
 2005年(H17):法政大学 法学部卒業
 2008年(H20):駒澤大学法科大学院修了
 2010年(H22):最高裁判所司法研修所入所(新第64期) 
 2011年(H23):神奈川県弁護士会(旧:横浜弁護士会)登録

○メッセージ
弁護士の夏目修司と申します。
大和出身の私にとって、この前島綜合法律事務所の弁護士として地元の皆様のお力になれることを心より嬉しく思います。
私も、高校在学中に家族の交通事故を経験しました。相手方に保険会社が付いていない事件でしたが、身近に弁護士がいないために苦い思いをした記憶があります。この経験から私は、卓越した法的知識はもちろんとして、依頼者の皆様の立場に立ち、寄り添うことが弁護士として非常に大切なことであると心に刻んでおります。
私は、ご依頼頂いた仕事は常に誠実に対応することを心がけております。出来る限り依頼者の皆様との連絡を密にしながら、ご納得頂ける解決に近づけるよう最善を尽くします。
この1年間で交通事故、離婚、相続、債務整理等一般民事事件を中心に約100件の案件を担当させて頂きました。特に離婚事件や交通事故事件につきまして数多くご依頼頂いております。

○講演等
2013年 日弁連・第5回法科大学院実務家教員研究交流集会にて報告:「民事実務教育のスタンダードとは何か?」
2014年 日弁連・第6回法科大学院実務家教員研究交流集会にて報告:「紛争解決を志向した教育方法の再構成」
2014年 交通事故事件に関する柔道整復士向け講義を実施:「弁護士による交通事故事件処理の一例」
2014年 青山学院大学にて「現代弁護士論・消費者保護における弁護士の役割」について講義
2014年 相模原市民法律講座にて講義を実施:「消費者問題の基礎~トラブルにあわないために~」

○所属団体
日本弁護士連合会法科大学院センター幹事(H24~現在)
横浜弁護士会消費者問題対策委員会委員・同行政部会委員(H25~現在)
神奈川消費者問題研究会(H25~現在)
薬害肝炎東京弁護団神奈川支部(H24~現在)
○著書
2014年9月 「Q&A 高齢社会の消費者トラブル」(共著,日本加除出版株式会社)(葬儀・お墓に関するQ56~Q59執筆担当)

弁護士 鳥村 純(とりむら じゅん)

鳥村純.JPG

経歴
 1982年 大阪に生まれる
 2006年 立命館大学法学部卒業 
 2010年 関西大学法科大学院修了 
 2011年 最高裁判所司法研修所入所(新65期) 
 2013年 神奈川県弁護士会登録
 2015年 東京弁護士会に登録替え

○メッセージ
弁護士の鳥村純と申します。 
弁護士事務所は,敷居が高く,弁護士に相談したいことがあっても躊躇される方も多いかと思います。 
私の理想の弁護士像は,かかりつけ医師という言葉があるように,かかりつけ弁護士です。身近な存在で,困ったことがあったら何でも気軽に相談できる弁護士です。 そのために,気軽に相談できる雰囲気作りに努めてまいりたいと思いますので,どうぞよろしくお願いします。

弁護士 田代 宰 (たしろ つかさ)

経歴
1984年(S59):神奈川に生まれる
2003年(H15):東海大学附属相模高校卒業
2007年(H19):東海大学法学部卒業
2010年(H22):東海大学法科大学院修了
2012年(H24):法律事務所退所
2012年(H24):最高裁判所司法研修所入所(第66期)
2014年(H26):神奈川県弁護士会(旧:横浜弁護士会)登録

○メッセージ
 弊所では、交通事故や離婚、相続の家事の相談が多く、必然的に経験値も高くなります。この分野は、比較的ニュースなどでもとりあげられたり、インターネットでも情報がでてきたりするため、皆様もそれ相応の知識を持たれています。
 しかし、知識としてあっても実際の事件において、その得た知識の通りになるとは限りません。
 実際の事件では、一人ひとりの事情が違うためです。そういったことから私は、それぞれの相談者・依頼者の方々の事情をくみ取り、適切なアドバイス、対応を心がけております。
 ぜひ、一度、弊所でご相談いただき、自分のやりたいことができるかなど、お気軽にご相談いただきたいと思います。

○得意分野:債務整理
私の経験では,「破産」と聞くととてもネガティブなイメージを持つ方が多いです。
 しかし,私は,破産を大事な再スタートの道具であると思っています。今はインターネット等で破産についての知識等が得られますが,それでも大きな勘違いをされている方も多いです。債権者にどの程度,迷惑がかかるのでしょうか。どの程度,周りに知られるおそれがあるのでしょうか。
 借金に困っている方はぜひ一度お話ししてみませんか。破産に限らず,一番良い解決方法を一緒に考えていきましょう。


○所属団体
神奈川県弁護士会子どもの権利委員会(学校問題部会)
神奈川県弁護士会スポーツ法研究会
神奈川県弁護士会県西支部研修委員会
公益社団法人厚木青年会議所
※ 私は、小学校から高校まで、柔道に打ち込んでおりました。そこで学んだ、「精力善用」「自他共栄」の精神で「いじめ問題」やスポーツ・部活における法律問題など、公益的な活動にも取り組ませてもらっています。

弁護士 雫田 直輝 (しずくだ なおき)

経歴
1986年(S61)相模原市生まれ
2009年(H21)成蹊大学法学部法律学科卒業
2011年(H23)明治大学法科大学院修了
2012年 (H24)  司法試験合格、最高裁判所司法研修所入所
2013年 (H25)  最高裁判所司法研修所修了(66期)
2014年 (H26)  神奈川県弁護士会(旧:横浜弁護士会)登録

○メッセージ
弁護士の雫田直輝と申します。
 生まれ育ったこの相模原の地で、地域に根ざした法的サービスを提供出来ることを嬉しく思います。どうぞよろしくお願い致します。
 さて、弁護士の仕事とはどういったものでしょうか?私達が扱う問題は実に様々ですが、そのいずれもが依頼人の人生の一部であり、重要な問題であるといえます。では、私達弁護士の仕事の主要領域は?というと、それはやはり法的紛争解決のためのサポートです。
 このサポートをするためには、依頼人のおかれた問題状況を正しく把握することはもちろんのこと、背景事情に対する共感と依頼人との信頼関係が不可欠となります。想像力豊かに傾聴し、対話し、協力関係・信頼関係を醸成して参りたいと思っております。そうして築かれる関係性を前提に、実践的な法的知見と多角的な調査検討に基づいて、最良の活路を見出だし、最善の結果を得られるよう尽力させて頂きたいと思います。
 もちろん、全てが思い通りにはいかないこともあります。しかし、いかなる場面においても「『依頼人のため』を真摯に考え、全力を尽くすこと」が弁護士の本分です。この極めてシンプルな本分を胸に刻み、今後も日々研鑽して参りたいと思います。
 まずは出来るだけお早めに相談にお越しください。「相談してよかった。」そう思っていただけるよう、誠心誠意対応させていただきます。

○所属団体
神奈川県弁護士会子どもの権利委員会委員・同委員会付添人拡充部会
同委員会・付添人クリニック幹事
日本弁護士連合会法科大学院センター幹事・同民事実務研究会
明治大学法務研究所指導員

弁護士 粟谷 布由実 (あわや ふゆみ)

経歴
1977年(S52):神奈川県に生まれる
2001年(H13):慶応義塾大学文学部人間関係学科卒業
2003年(H15):慶應義塾大学大学院社会学研究科修士課程修了
2011年(H23):司法試験予備試験合格
2012年(H24):最高裁判所司法研修所入所(第66期) 
2014年(H26):神奈川県弁護士会(旧:横浜弁護士会)登録

○メッセージ
弁護士の粟谷布由実と申します。私は,大学・大学院では心理学を勉強し,法律とは全く縁のないところから法曹の世界に入りました。このような経緯から,法律の専門的知識を持ちつつも,物事の捉え方は依頼者の皆様に近いのではないかと思っております。形式的な法律的解決をするのではなく,依頼者の方が何を一番望んでいるのかが分かる弁護士でありたいと思っております。

心理学を学んだ経験を生かし,依頼者の方のお話をよく伺い,その切実な想いを受け止め,その方のこれからの人生が少しでも幸せなものになりますよう努力していきたいと思っております。

弁護士 荒岡 恵子(あらおか けいこ)

経歴
1984年(S59) 千葉に生まれる
2007年(H19) 中央大学法学部法律学科卒業
2009年(H21) 東京大学法科大学院修了
2012年(H24) 最高裁判所司法研修所入所(第66期)
2014年(H26) 神奈川県弁護士会(旧:横浜弁護士会)登録

○メッセージ
弁護士の荒岡と申します。
私は、困っている方の手助けが少しでもできればいいなと思い、弁護士を目指しました。
当事務所は、地域の方々に寄り添い、身近な方々が気軽に法的サービスにアクセスできる環境をご提供する場だと思っています。
法律で全ての問題が解決するとはとても思っていませんが、お越しくださった方のご負担が少しでも軽くなるよう、努めて参りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


弁護士 角田 健典 (すみだ けんすけ)

_K3A1164.jpg

経歴
1988年(S63) 神奈川県藤沢市に生まれる
2007年(H19) 神奈川県立湘南高等学校卒業
2011年(H23) 上智大学法学部国際関係法学科卒業
2013年(H25) 東京大学法科大学院修了
2013年(H25) 司法試験合格・最高裁判所司法研修所入所(67期)
2014年(H26) 神奈川県弁護士会(旧:横浜弁護士会)登録

○メッセージ

弁護士の角田健典と申します。
私は、神奈川県藤沢市に生まれ、司法修習という弁護士になるための一年間の研修に行くまでの25年間を神奈川県で過ごしました。自分を育ててくれた神奈川の市民の皆様に恩返しを出来るよう,自分の持てる力を尽くして,一生懸命業務に励んでいきたいと思います。
多くの方にとって、弁護士に依頼をすることは一生に一度あるか無いかの事であると思います。その一生に一度あるか無いかの機会に携わる以上、「この弁護士を選んでよかった」と、決して後悔をさせないような弁護士を目指して精進して参ります。

弁護士 佐藤 和也(さとう かずや)


経歴
2007年 神奈川県立湘南高等学校卒業
2012年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2014年 上智大学法科大学院修了
2014年 最高裁判所司法研修所入所(68期)
2016年 神奈川県弁護士会(旧:横浜弁護士会)登録

○メッセージ

弁護士の佐藤和也と申します。私は、鎌倉市で生まれ、藤沢市で育ちました。
自分が生まれ育った神奈川県で弁護士ができることを大変嬉しく思っております。
弁護士に相談、依頼しようと考えている方からすれば、自分の抱えているトラブルを第三者に話すこと自体、話す相手がたとえ弁護士であっても、勇気がいる事であると思います。

このような依頼者の方の勇気に報いるべく、誠心誠意対応し、依頼者の方と力を合わせて、依頼者の方の利益を最大化できるような解決を目指して参りたいと思っております。

当事務所の基本情報

事務所概要


弁護士紹介

ご相談・ご予約の流れ

料金表


アクセス


トップページへ

法律相談のお問合せに関してはこちらをクリック↓↓↓

本厚木駅前事務所 相模大野駅前事務所

accessクリックすると拡大されます 本厚木駅前事務所 相模大野駅前事務所 八王子事務所